童貞でもイケメンになれる?今から出会い系デビューしてみよう

童貞とイケメンというワードは、様々なメディアではもちろんですが、私生活でも耳にすることが多いですよね。

この童貞とイケメンというワードにコンプレックスを感じている男性は、自分だけだと思っていませんか?

童貞だからダメなんてことはない、出会い系の良さ

童貞の方はいろいろな条件がかさなるからこそ童貞であり、好きで童貞でいるわけではありません。

イケメンの友達とくらべられたり、結婚していてもおかしくないのに童貞だからとバカにされてしまうこともあるんです。

しかし出会い系であれば、仕事場で出会いがないから恋人ができない、趣味があう人がいないといった問題が解決されます。

30歳を超えて童貞の方、ネットゲームが好きだという方でも、出会い系という形で一歩ふみだして、恋人を作り、童貞を捨てた方だってたくさんいます。

イケメンだから恋人ができるのではなく、出会い系というツールを使って恋人を作ったからこそ、イケメンにみえる方もいるということなんです。

よく目にする口コミや体験談は作り物なんかじゃなく、本当のお話もたくさんあるんですよね。

自分をかえたい、かわりたいきっかけに出会い系をつかう人は男女関係なく、似たような人、気が合う人と出会うことのほうが大切です。

うたがいながらでも良いので、まずは一歩をふみだすことを考えてみましょう。

出会い系の場合、イケメンかどうかではない

出会い系を使ってもイケメンでなければダメ、ついついこんな悪い方向に考えていたりしませんか?

登録したとしても、どうせ童貞だから、どうせイケメンだからとついつい考えてしまいがちですよね。

けれど実際、イケメンかどうはあまり関係なく、出会い系サイトや出会い系アプリの場合、性格や趣味といった内面を重視するのです。

大変な残念なことではあるのですが、いかがわしい目的で出会い系に登録している方もいらっしゃるので、内面のほうが大切になっているんですね。

見た目がイケメンかどうかではなく、同じ趣味をもっていたり、自分を受け入れてくれる心を持っているか、こうした部分を女性は見ています。

楽しさやうれしさを共有できるかどうか、共通の話題に話をあわせるのではなく、本当の意味で話があうことは見た目よりも必要なんです。

顔や体のコンプレックスは、自分がおもっている以上に受け入れてくれる、そんなウソみたいな本当の話だって出会い系にはたくさんあります。

まわりは年収を気にして低すぎると相手にされない、こんな方も出会い系で恋人を

年齢をかさねていくと、恋人がつくれない理由のひとつとして、年収やいまの仕事がバッドステータスと考えてしまいがちです。

そしてそれを理由に、出会いは無い、恋人はどうせ作れないとネガティブな考えをついつい連想しちゃいますよね。

テレビで世の中にはたくさんの人がいる、小さなころから沢山聞いてきているワードですが、これはウソだと思いますか?

出会い系サイトやアプリのレビューは、たしかにすべてを信じるのはむずかしいですが、ほんとうの話もかなりあります。

仕事をがんばっている女性で出会いがほしいかたは、年収を気にしていないという方もかなりいるんですよ。

年収がコンプレックスだとしても、それを受け入れてくれる方はたくさんいるんです。

コンプレックスをのりこえるには、自分が一歩をふみだすこと、そのための一歩をかんがえてみましょう。

どうしても自分では最後がのりこえられなかった、それでもいいんです、出会い系はそのためのパートナーを探すツールでもあるのですから。

恋人をつくったことがないから、どうしていいかわからない

これはかなり多い意見であり、たくさんの人がかかえている悩みでもあるんです。

内気な女性であればがっついて何度も誘うのはNG、相手がいやがらずにこたえられる範囲で会話をしてみましょう。

出会い系でもこれは同じことで、すぐにデートにさそったり、断られてもなんどもなんども誘ってしまうと、体目的かと疑われます。

どこかの雑誌で目にするような月並みな言葉、これは結構的を得ている意見でもあり、目にすることが多いのはそれだけ実用的でもあるということなんです。

さらに出会い系であれば相手の人も似たような方と出会えるので、一緒に恋愛のステップをふみだせるというのもメリットです。

こうした人と出会えたならば、なんとなく付き合ったけど恋愛経験がないからわかれた!なんてことにもならないですからね。

恋愛話のあるあるネタなんてものは、出会い系だと結構少なく、え!大丈夫なんだ!と意外とすんなりうけいれてもらえるものなんです。

また同じ経験をしてしまう、トラウマはもうふやしたくない、自分のピンチをふやしたくない、どうしても弱気になってしまうものです。

しかしピンチはチャンス、のりこえるためにも勇気をもって動いてみましょう。

コンプレックスは自分にとってはとても大きなものであり、他人には中々わかってもらえないものでもあります。

しかし同じ悩みを抱えている人、受け入れてくれる人は世の中にたくさんいる、まずは一歩をふみだす勇気をもってください。